断金の交わり

【読み】 だんきんのまじわり
【意味】 断金の交わりとは、きわめて堅い友情で結ばれていること。非常に親しい交わりのこと。

【断金の交わりの解説】

【注釈】 二人が心を合わせたら、金をも切断するほど固く結ばれた友情の意味から。
『易経』に「二人心を同じくすれば、其の利きこと金を断つ(二人が心を一つにすれば、その鋭さは金をも断ち切るほど)」とあるのに基づく。
【出典】 『易経』
【注意】
【類義】 魚と水管鮑の交わり金石の交わり/金蘭の契り/膠漆の交わり/心腹の友/水魚の親/水魚の交わり/断金の契り/断琴の交わり莫逆の友/刎頸の友/刎頸の交わり
【対義】
【英語】
【例文】 「彼らは幼少時代から、死ぬまでずっと断金の交わりを続けた」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス