断琴の交わり

【読み】 だんきんのまじわり
【意味】 断琴の交わりとは、非常に堅い友情で結ばれていることのたとえ。

【断琴の交わりの解説】

【注釈】 春秋時代、琴の名手であった伯牙は、自分の琴の音を心から理解してくれた鐘子期をたった一人の親友としていた。
鐘子期の死後、伯牙は琴の絃を断ち切り、二度と弾くことはなかったという『呂氏春秋・本味』にある故事に基づく。
【出典】 『呂氏春秋』本味
【注意】
【類義】 魚と水管鮑の交わり金石の交わり/金蘭の契り/膠漆の交わり/心腹の友/水魚の親/水魚の交わり/断金の契り/断金の交わり/知音/莫逆の友/刎頸の友/刎頸の交わり
【対義】
【英語】
【用例】

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス