断機の戒め

【読み】 だんきのいましめ
【意味】 断機の戒めとは、物事を途中でやめてはいけないという戒め。

【断機の戒めの解説】

【注釈】 孟子が学業を半ばにして家に帰ると、母は織りかけていた機(はた)の織物を小刀で断ち切って、学問を途中でやめるのは、この織物を作る途中で断ち切るのと同じで、今までの勉学が無駄になってしまうと戒めた。
孟子は反省し、再び師のもとへ帰り勉学に励み、立派な儒者となったという故事に基づく。
「断機の教え」ともいう。
【出典】 『古列女伝』鄒孟軻母
【注意】
【類義】 孟母断機の教え
【対義】
【英語】
【例文】 「断機の戒めというし、受かるまで試験を受け続けよう」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス