断腸の思い

【読み】 だんちょうのおもい
【意味】 断腸の思いとは、はらわたがちぎれるほどの、辛く悲しい思いのたとえ。

【断腸の思いの解説】

【注釈】 「腸」は、はらわたのことで、「断腸」は、はらわたを断ち切ること。
きわめて悲しみの深いことを形容することば。
『世説新語・黜免』にある以下の故事に基づく。
晋の武将桓温が船で蜀に攻め入ろうとして三峡を渡ったとき、その従者が猿の子を捕らえて船に乗せた。
母親の猿は泣き悲しみ、が連れ去られた子猿の後を百余里あまりも追ったが、ついに母猿は船に飛び移ったが、そのままもだえ死んでしまった。
母猿のはらわたを割いてみると、腸がずたずたにちぎれていた。
【出典】 『世説新語』
【注意】
【類義】 九回の腸/九腸寸断/心腸寸断/母猿断腸
【対義】
【英語】 To eat one's heart out.(心臓を食べる)
【例文】 「断腸の思いで、息子と離れることに決めた」

【分類】

【関連リンク】

「断腸の思い」の語源・由来

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス