多芸は無芸

【読み】 たげいはむげい
【意味】 多芸は無芸とは、多くの芸や学問に通じている人は、一つのことを奥深くきわめることをしないから中途半端で、結局は無芸にも等しいということ。

【多芸は無芸の解説】

【注釈】 一芸に秀でることは素晴らしいが、中途半端に多くの芸を身につけても、かえって一つの芸に精通しにくく、高い評価は得られないと揶揄して使う。
【出典】
【注意】
【類義】 石臼芸/器用貧乏人宝/螻蛄才/多弁能なし/何でも来いに名人なし/百芸は一芸の精しきに如かず
【対義】
【英語】 Jack of all trades is master of none.(何でも屋は、どれも抜きん出ることができない)
【用例】 「彼は何でも器用にこなすタイプで、知識は広いがすべて浅い。まさに多芸は無芸だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス