対岸の火事

【読み】 たいがんのかじ
【意味】 対岸の火事とは、自分には何の関係もないので、痛くも痒くもないということ。

【対岸の火事の解説】

【注釈】 向こう岸で起きている火事は、こちらの岸まで燃える心配がないことから。
「対岸の火災」ともいう。
【出典】
【注意】 「他山の石」と混同し、「他山の火事」とするのは間違い。
「危険がそばにある」という意味で使うのは誤り。
【類義】 川向こうの火事/川向かいの喧嘩/山門から喧嘩見る/高みの見物/向こう河岸の火事
【対義】
【英語】 The comforter's head never aches.(慰めを言う人の頭は決して痛くない)
【用例】 「係長が突然解雇された件については、決して対岸の火事とは思えない」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス