大器晩成

【読み】 たいきばんせい
【意味】 大器晩成とは、偉大な人物は、大成するまでに時間がかかることのたとえ。

【大器晩成の解説】

【注釈】 鐘や鼎(かなえ=鍋状の器)のように大きな器は、簡単には作り上げることができないということから、すぐれた人物は時間をかけて実力を養っていくものなので、大成するまでに時間がかかるということ。
『老子・四一』に「大器は晩成し、大音は声希く、大象は形無し(偉大な人物は大成するのが遅く、きわめて大きい音はかえってほとんど聞こえず、きわめて大きな形をもっているものは、かえってほとんど姿が見えない)」とあるのに基づく。
【出典】 『老子』
【注意】 「大器晩生」と書くのは誤り。
【類義】 大きい薬缶は沸きが遅い/ゆっくり行く者は遠くまで行く/ローマは一日にして成らず
【対義】 小鍋は直に熱くなる/蛇は寸にして人を呑む栴檀は双葉より芳し小さな湯沸しは直ぐ熱くなる/十で神童十五で才子二十過ぎればただの人
【英語】 Better late ripe and bear than early blossom and blast.(早く花が咲いて枯れるよりも、遅く熟して実を結ぶほうがよい)
Who goes slowly goes far.(ゆっくり歩む者が遠くまで行く)
【用例】 「大器晩成というから、彼は今はくすぶっているが、もう十年も経てばきっと成功しているだろう」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

大器晩成(たいきばんせい)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
大器晩成の意味・語源・由来 - 語源由来辞典
大器晩成の意味・読み・漢検級・由来・類義語・対義語 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス