大巧は拙なるが若し

【読み】 たいこうはせつなるがごとし
【意味】 大巧は拙なるが若しとは、真の名人は見かけの小細工などしないから、一見下手に見える。また、自分の芸を自慢することなどしないから、一見つたないように見えるというたとえ。

【大巧は拙なるが若しの解説】

【注釈】 『老子』に「大直は屈するが若く、大巧は拙なるが若く、大弁は訥なるが若し(真にまっすぐな者は一見曲がっているように見え、真に巧みな者は一見下手なように見え、真に雄弁な者は一見訥弁なように見える)」とあるのに基づく。
「大巧」とは、非常にたくみであること。
「拙」とは、上手でないこと。つたないこと。
「大巧は拙なるが如し」とも書く。
【出典】 『老子』
【注意】
【類義】 食い付く犬は吠え付かぬ/上手の鷹が爪隠す/大賢は愚なるが如し/大賢は愚に近し/大巧は巧術なし/大考は考ならず/大才は愚の如し/大智は愚の如し/大知は知ならず/大弁は訥なるが若し/大勇は勇ならず/大欲は無欲に似たり/鳴かない猫は鼠捕る/鼠捕る猫は爪隠す/能ある鷹は爪を隠す/能ある猫は爪隠す/深い川は静かに流れる/猟する鷹は爪隠す
【対義】 空き樽は音が高い浅瀬に仇波/能無し犬の高吠え/能無し犬は昼吠える/光るほど鳴らぬ/吠える犬は噛みつかぬ/痩せ犬は吠える
【英語】
【用例】 「大巧は拙なるが若しで、彼は一見おとなしく目立たない男に見えるが、世界的にも有名な芸術家である」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス