宝の持ち腐れ

【読み】 たからのもちぐされ
【意味】 宝の持ち腐れとは、役に立つものや、すぐれた才能を持っていながら、それを活用しなかったり、発揮せずにいることのたとえ。

【宝の持ち腐れの解説】

【注釈】 宝(価値のあるもの)を所有していながら、使い道を知らなかったり、出し惜しみをして、少しも役立てずに腐らせてしまう意味から。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】 Not possession but use is the only riches.(所有ではなく使用することが富である)
Better spent than spared.(使わずに取っておくよりも、使うほうがよい)
【用例】 「せっかくそんな能力を持っていながらチャレンジしないだなんて、宝の持ち腐れじゃないか」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス