鷹は飢えても穂を摘まず

【読み】 たかはうえてもほをつまず
【意味】 鷹は飢えても穂を摘まずとは、高潔な人は、どんなに困窮しても不正をして生きのびようとはしないことのたとえ。

【鷹は飢えても穂を摘まずの解説】

【注釈】 気位の高い鷹は、どんなに腹をすかせているときでも、人間の作った稲穂をついばんだりしないという意味から、節義を守る人はいかなるときでも不正な金品を受け取ったりしないということ。
「鷹は死すとも穂は摘まず」「鷹は死ぬれど穂を摘まぬ」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 悪木盗泉/渇しても盗泉の水を飲まず/虎は飢えても死したる肉を食わず/熱しても悪木の陰に憩わず/武士は食わねど高楊枝
【対義】 背に腹はかえられぬ
【英語】 The eagle does not catch flies.(鷲は蠅を捕らない)
A goshawk beats not a bunting.(大鷹はホオジロには飛びかからない)
【用例】 「鷹は飢えても穂を摘まずで、彼は苦しいときでも賄賂の類は決して受け取らなかったそうだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス