玉磨かざれば光なし

【読み】 たまみがかざればひかりなし
【意味】 玉磨かざれば光なしとは、すぐれた才能や素質を持つ人物でも、努力して自分を磨かなければ、その才能や素質を活かせないというたとえ。

【玉磨かざれば光なしの解説】

【注釈】 「玉」は丸い形の宝石のことで、「珠」「璧」とも書く。
宝石が原石のまま磨かれなければ美しい光を放たないのと同じように、人もどんなに才能があっても、学問や修業を怠れば立派な人間にはなれないということ。
『礼記・学記』に「玉琢かざれば器を成さず、人学ばざれば道を知らず」あるのに基づく。
【出典】 『礼記』
【注意】
【類義】 玉琢かざれば器を成さず/瑠璃の光も磨きから
【対義】
【英語】 An uncut gem does not sparkle.(磨いていない宝石は輝かない)
Weeds come forth on the fattest soil if it is untilled.(ごく肥えた土地でも耕さないでいると雑草が生える)
【用例】 「玉磨かざれば光なしだ、慢心せず努力を続けていきなさい」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス