玉に瑕

【読み】 たまにきず
【意味】 玉に瑕とは、ほとんど完全に近いものなのに、わずかな欠点があることのたとえ。

【玉に瑕の解説】

【注釈】 「瑕」とは宝玉の表面にできたきずのことで、過失や欠陥という意味もある。
それさえなければ完全なのに、惜しいことにほんの少しの欠点がある場合にいう。
「玉の瑕」とも。
【出典】 『論衡』
【注意】 「たまに」を「偶に」と書いたり、まれにという意味で使うのは誤り。
「玉に傷」と書くのは誤り。
【類義】 白璧の微瑕
【対義】 瑕に玉
【英語】 a fly in the ointment.(軟膏の中の蠅)
There are spots even on the sun.(太陽にも黒点がある)
【用例】 「彼は酒癖が悪いのが玉に瑕で、それさえなければ公私とも本当にできた人間なのに」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス