矯めるなら若木のうち

【読み】 ためるならわかぎのうち
【意味】 矯めるなら若木のうちとは、悪い癖や欠点を直せるのは、柔軟性のある幼少のうちで、成長してからでは直しにくいものだということ。

【矯めるなら若木のうちの解説】

【注釈】 「矯める」は、曲げたり伸ばしたりして形を整える、悪い性質などを直すの意。
木の枝ぶりを整えるなら、柔らかい若木のうちがよく、硬くなってからでは思い通りにならないという意味から。
【出典】
【注意】
【類義】 老い木は曲がらぬ/鉄は熱いうちに打て/鉄は熱いうちに鍛えよ/二十歳過ぎての子に意見/彼岸過ぎての麦の肥、三十過ぎての男に意見/人の意見は四十まで
【対義】
【英語】 Best to bend while it is a twing.(小枝のうちに曲げるのが一番よい)
Thraw the wand while it is green.(枝は青いうちに曲げよ)
He is young enough to amend.(彼には心を入れかえられるだけの若さがある)
【用例】 「矯めるなら若木のうちだ。かわいそうな気もするが厳しくしつけよう」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス