棚から牡丹餅

【読み】 たなからぼたもち
【意味】 棚から牡丹餅とは、思いがけない幸運が舞い込むことのたとえ。

【棚から牡丹餅の解説】

【注釈】 棚から落ちてきた牡丹餅が、ちょうどあいていた口に落ちておさまることからいう。
略して「棚ぼた(たなぼた)」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 開いた口へ団子/開いた口へ牡丹餅/鰯網で鯨捕る/鰯網へ鯛がかかる/鴨が葱を背負ってくる/天然礫のまぐれ当たり/寝ていて餅/勿怪の幸い
【対義】 虎穴に入らずんば虎子を得ず/棚から牡丹餅は落ちてこない/棚の牡丹餅も取らねば食えぬ/蒔かぬ種は生えぬ
【英語】 He thinks that roasted larks will fall into his mouth.(ヒバリのあぶり肉が口の中に落ちてきはしないかと思っている)
【用例】 「一夜漬けをしてテストで満点を取るだなんて、そんな棚から牡丹餅があるわけないだろう。地道に勉強しなきゃ成績は上がらないよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス