他人の疝気を頭痛に病む - 故事ことわざ辞典

他人の疝気を頭痛に病む

【読み】 たにんのせんきをずつうにやむ
【意味】 他人の疝気を頭痛に病むとは、自分に関係のないことで余計な心配をすることのたとえ。

【他人の疝気を頭痛に病むの解説】

【注釈】 「疝気」とは、漢方で下腹部の痛む病気のこと。
何の関係もない他人の疝気を心配して、自分が頭痛になることから。
【出典】
【注意】
【類義】 踵で頭痛を病む/隣の疝気を頭痛に病む/人の疝気を頭痛に病む
【対義】 人の痛いのは三年でも辛抱する/人の痛いのは百年でも耐える
【英語】
【例文】 「お人よしもよいけれど、他人の疝気を頭痛に病むようなことばかりじゃストレスがたまる一方だよ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス