叩けば埃が出る

【読み】 たたけばほこりがでる
【意味】 叩けば埃が出るとは、どんなに表面を取り繕っていても、細かく調べていけば、欠点や不正、悪事などが出てくるものだということ。また、どんな人にも欠点や弱点があるものだということ。

【叩けば埃が出るの解説】

【注釈】 目に見えない埃も叩けば出てくるという意味から、たとえ表面的にはうまく取り繕っていても、その周辺を探ったり過去を遡っていけば、必ず悪事や不正は見つかるものだということ。
「叩けば埃が立つ」とも。
【出典】
【注意】 良い点が出てくるの意味で使うのは誤り。
誤用例 「叩けば埃が出るというから、探せば役に立つ面もあるはずだ」
【類義】 垢は擦るほど出る、粗は探すほど出る/新しい畳でも叩けばごみが出る
【対義】
【英語】 Every man has his weak side.(人にはそれぞれ弱点がある)
Many without punishment, but none without fault.(多くの人が罰を受けずにいるが、罪のない人は一人もいない)
【用例】 「彼は叩けば埃が出るような人で、調べていけばいくほど、悪事の数々が浮き彫りになった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス