多々益々弁ず

【読み】 たたますますべんず
【意味】 多々益々弁ずとは、仕事が多ければ多いほどたくみに処理できるということ。また、数が多ければ多いほど都合がよいということのたとえ。

【多々益々弁ずの解説】

【注釈】 「弁ず」とは、処理する、物事を取りさばくの意。
『漢書・韓信伝』にある以下の故事に基づく。
漢の高祖(劉邦)が、名将韓信に「私はどれほどの兵数の軍の将になれるか」と問うたところ、韓信は「十万くらいでしょう」と答えた。
「では、君はどうか」と高祖が聞くと、韓信は「私は多々益々弁ず(多ければ多いほどうまく使いこなします)」と誇ったという。
「益々」は「益」の一字でも表すため、「多多益弁ず」とも書く。
「多々益々善し(良し)」ともいう。
【出典】 『漢書』
【注意】 多弁の意味で使うのは誤り。
誤用例 「彼は多々益々弁ずで、本当に口がうまい」
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「多々益々弁ずだ。もっと店舗を増やそう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス