畳の上の水練

【読み】 たたみのうえのすいれん
【意味】 畳の上の水練とは、理論や方法を知っているだけで、実際の役には立たないことのたとえ。

【畳の上の水練の解説】

【注釈】 畳の上で水泳の練習をしても、実地の練習をしていないため、水の中に入ってみれば何の役にも立たないことから。
【出典】
【注意】 「畳の上の水泳」というのは誤り。
【類義】 絵に描いた餅机上の空論/鞍掛け馬の稽古/炬燵水練/炬燵兵法/座敷兵法/紙上に兵を談ず/素引きの精兵/畳水練/畳の上の陣立て/畑水練/畑で水練を習う/畑の水泳ぎ/木馬の達人
【対義】
【英語】 Experience without learning is better than learning without experience.(学問のない経験は、経験のない学問に勝る)
【用例】 「いくら話し合っても畳の上の水練で、実現性がまったく伴わないようでは時間の無駄だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス