立て板に水

【読み】 たていたにみず
【意味】 立て板に水とは、弁舌が達者で、よどみなく流れるようにしゃべること。

【立て板に水の解説】

【注釈】 立てかけてある板に水を流すように、すらすらとしゃべることのたとえ。
『上方(京都)いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】 「立て板」を「縦板」や「建て板」と書くのは誤り。
【類義】 一瀉千里/懸河の弁/竹に油を塗る/戸板に豆
【対義】
【英語】 Your tongue runs nineteen to the dozen.(十二語で済むことを十九語でまくし立てる)
To speak nine words at once.(一度に九語しゃべる)
【用例】 「彼の弁論は、まさに立て板に水というやつで、次から次へとぺらぺらしゃべる」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス