立つ鳥跡を濁さず

【読み】 たつとりあとをにごさず
【意味】 立つ鳥跡を濁さずとは、立ち去る者は、見苦しくないようきれいに始末をしていくべきという戒め。また、引き際は美しくあるべきだということ。

【立つ鳥跡を濁さずの解説】

【注釈】 水鳥が飛び立ったあとの水辺は、濁ることなく清く澄んだままであることからいう。
ここでの「立つ」は、「飛び上がって去る」という意味。
「立つ鳥跡を汚さず」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 鷺は立ちての跡を濁さず/飛ぶ鳥跡を濁さず/鳥は立てども跡を濁さず
【対義】 後足で砂をかける後は野となれ山となれ/先は野となれ山となれ/末は野となれ山となれ/旅の恥はかき捨て/旅の恥は弁慶状
【英語】 It is foolish bird that defiles its own nest.(巣を汚す鳥は愚かだ)
【用例】 「立つ鳥跡を濁さずというように、部活最後の日は部室を綺麗に片付けて、気持ちよく卒業したいと思っている」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス