立って半畳寝て一畳

【読み】 たってはんじょうねていちじょう
【意味】 立って半畳寝て一畳とは、人は必要以上の富貴を望むべきではなく、満足することが大切であるという戒め。

【立って半畳寝て一畳の解説】

【注釈】 人が生活するのに必要なのは、起きているときは半畳、寝るときは一畳あれば充分足りることから。
後に「天下取っても二合半」と続けてもいう。
【出典】
【注意】
【類義】 起きて三尺寝て六尺/起きて半畳寝て一畳/千石万石も米五合/千畳敷に寝ても畳一枚/天下取っても二合半
【対義】
【英語】
【用例】 「立って半畳寝て一畳と言うだろう。そんな広大な土地に家を建てる必要があるのか?」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス