立っている者は親でも使え

【読み】 たっているものはおやでもつかえ
【意味】 立っている者は親でも使えとは、急ぐ場合には、誰でもよいからそばにいる者に用を頼むのがよいということ。

【立っている者は親でも使えの解説】

【注釈】 急な用事のときに自分が座っていたなら、近くにいる者が親であっても、遠慮せずに使うのがよいということから。
座っている人が立っている人(特に目上の人)に用を頼むとき、言い訳として使うことば。
「立って居る者は親でも使え」とも書く。
【出典】
【注意】 「立っているときは親でも使え」というのは誤り。
【類義】 居仏が立ち仏を使う/入れ物と人はある物使え/立って居れば仏でも使う
【対義】 立ち仏が居仏を使う
【英語】 Need makes the old wife trot.(必要は老婆をも走らす)
【用例】 「立っている者は親でも使えとばかりに、息子から次々と用を頼まれた」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス