民は之に由らしむべし、之を知らしむべからず

【読み】 たみはこれによらしむべし、これをしらしむべからず
【意味】 民は之に由らしむべし之を知らしむべからずとは、為政者が定めた法律によって人民を従わせることはできるが、その法律の道理を理解させるのは難しいということ。

【民は之に由らしむべし之を知らしむべからずの解説】

【注釈】 『論語・泰伯』にある孔子のことばから。
「由しらしむべしの「由る」は「頼る」「従う」という意。
「べし」は、可能・推測の意。
「人民は法律に従わせておけばよいもので、その意義や道理を理解させる必要はない」との解釈で使われることも多いが、本来の意 味ではない。
「由らしむべし、知らしむべからず」ともいう。
【出典】 『論語』
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス