出物腫れ物所嫌わず

【読み】 でものはれものところきらわず
【意味】 出物腫れ物所嫌わずとは、おならも腫れ物も時や場所に関係なく勝手に出るということ。大小便や産気づく意味で用いられることもある。

【出物腫れ物所嫌わずの解説】

【注釈】 「出物」とは、おならのこと。便や鼻水、涙などをさすこともある。
「腫れ物」とは、おできやニキビなどのこと。
内部にあるものは、時や場所を選ばずに出るもので、出たところでとがめることもできないということ。
多く、うっかりおならをしてしまった時に、言い訳のことばとして用いる。
【出典】
【注意】
【類義】 出物腫れ物時知らず
【対義】
【英語】 Necessity has no law.(必要の前に法律はない)
【用例】 「出物腫れ物所嫌わずというだろう、そんな怪訝な顔をしないでくれ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス