伝家の宝刀

【読み】 でんかのほうとう
【意味】 伝家の宝刀とは、いざというときに出す、とっておきの切り札のこと。

【伝家の宝刀の解説】

【注釈】 家宝として代々伝えられてきた名刀という意味から、いよいよというとき以外は使わない切り札のことをいう。
「伝家」とは、先祖から代々その家に伝わるの意。
「伝家の宝刀を抜く」の形で、奥の手・切り札を駆使する意味に用いる。
「家伝の宝刀」ともいう。
【出典】
【注意】 「天下の宝刀」というのは誤り。
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「そうか、営業部長が交渉してもだめだったか。ではいよいよ伝家の宝刀を抜こう、柴田くんに出向かせたまえ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス