出る杭は打たれる

【読み】 でるくいはうたれる
【意味】 出る杭は打たれるとは、頭角を現す人は、とかく人から憎まれたりねたまれたりすることのたとえ。また、出すぎた振る舞いをすると非難されて制裁を受けることのたとえ。

【出る杭は打たれるの解説】

【注釈】 並べて打った杭が1本だけ高ければ、他の杭に揃うよう打たれることから。
「差し出る杭は打たれる」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 高木は風に折らる/高木は風に倒る声/高木は風に嫉まれる/出る杭は波に打たれる/出る釘は打たれる/誉れは毀りの基
【対義】
【英語】 Envy is the companion of honour.(嫉妬は名声の伴侶)
Tall trees catch much wind.(大木は風に折らる)
【用例】 「出る杭は打たれるというから、ここは少し黙って様子をみていよう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス