亭主の好きな赤烏帽子

【読み】 ていしゅのすきなあかえぼし
【意味】 亭主の好きな赤烏帽子とは、主人が好きなものなら、たとえそれが風変わりなものであっても、家族は調子を合わせて従わねばならないというたとえ。

【亭主の好きな赤烏帽子の解説】

【注釈】 烏帽子は昔黒塗りが普通であるが、一家の主人が赤い烏帽子が好きだと言えば、それが奇妙なものであっても家族はそれに従わねばならないという意味から。
主人が無理を言っても家族が同調して合わせるべきという、昔の家制度からできたことわざ。
「烏帽子」とは、成人男子が用いた帽子のこと。黒塗りが普通だった。
『江戸いろはかるた』の一つ。
「旦那の好きな赤烏帽子」とも。
【出典】
【注意】
【類義】 亭主が好きなら薦でもかぶれ/亭主の好きな赤鰯
【対義】
【英語】
【用例】 「うちでは夕飯の時に必ずみんな、主人が好きな牛乳を飲むのよ。亭主の好きな赤烏帽子ね」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス