敵もさるもの引っ掻くもの

【読み】 てきもさるものひっかくもの
【意味】 敵もさるもの引っ掻くものとは、相手もさすがに大したものだと、実力を認めるときの言葉。

【敵もさるもの引っ掻くものの解説】

【注釈】 競り合う相手や見くびっていた相手の実力を、認めるときなどに言う言葉。
「さるもの」は「然る者(さすがな者の意)」のことで、この「さる」と引っ掻く猿(さる)を掛けて続けたしゃれ。
【出典】
【注意】
【類義】 恐れ入谷の鬼子母神
【対義】
【英語】 He is quite a enemy.(彼はなかなかの敵だ)
【用例】 「大差で勝てると予想していたが、敵もさるもの引っ掻くもので、なかなかの苦戦を強いられた」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス