敵は本能寺にあり

【読み】 てきはほんのうじにあり
【意味】 敵は本能寺にありとは、真の目的は別なところにあるということ。

【敵は本能寺にありの解説】

【注釈】 本来の目的を隠し、人の目をあざむくことをいう。
明智光秀が、備中(現在の岡山県)の毛利氏を攻めると称して出陣した途中で、急に方向を転じ、「わが敵は本能寺にあり」と言って、本能寺に止宿していた主君織田信長を急襲したという故事に基づく。
【出典】
【注意】
【類義】 十王が勧進も食おうがため
【対義】
【英語】 He that wipes the child's nose kisses the mother's cheek.(子供の鼻を拭いてやる者は、その母親の頬にキスをする)
【用例】 「敵は本能寺にありで、彼が彼女に優しくしているのは愛しているからじゃない。目当てにしているのは彼女の遺産だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス