梃子でも動かない

【読み】 てこでもうごかない
【意味】 てこでも動かないとは、どんな手段を用いても、がんとして動かないことのたとえ。また、どんなことがあっても、信念・主張を変えないことのたとえ。

【梃子でも動かないの解説】

【注釈】 「梃子」とは。重い物の下に差し入れて、それを動かすために使う棒のこと。
梃子を使えば大きな物でもわずかな力で動かすことができるが、それを用いても少しも動かないということから。
「てこ」は「梃」とも書く。
「梃子でも動かぬ」ともいう。
【出典】
【注意】 「梃子では動かない」というのは誤り。
【類義】
【対義】
【英語】 All the levers you can lay will not do it.(どんなてこを使ってもそれは出来ない)
【用例】 「彼はずば抜けて頭が良く、根性もあるけれど、一度こうと決めたら梃子でも動かない頑固な面も持ち合わせている」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス