天罰覿面

【読み】 てんばつてきめん
【意味】 天罰覿面とは、悪いことをすれば、結果としてすぐに天が罰を下すということ。

【天罰覿面の解説】

【注釈】 「天罰」とは、天が下す罰のこと。
「覿面」とは、効果や報いなどが即座に現れること。
【出典】
【注意】 「天罰適面」と書くのは誤り。
【類義】 当たる罰は薦着ても当たる/神は見通し/天道様はお見通し/天に眼/天の網/天罰は当たり次第/天網恢恢疎にして漏らさず/罰は目の前/眼は天を走る
【対義】 網呑舟の魚を漏らす/大魚は網を破る/天に目なし
【英語】 Swift is Heaven's retribution.(天の復讐は迅速である)
Winter never rots in the sky.(冬は空の中で腐らない/冬は必ず地上にやってくる)
【用例】 「天罰覿面で、彼はバイクを盗んですぐ、ガードレールに突っ込む事故を起こした」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

天罰覿面(てんばつてきめん)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
天罰覿面の意味・読み・漢検級・由来・類義語・対義語 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス