天衣無縫

【読み】 てんいむほう
【意味】 天衣無縫とは、無邪気な人柄で、飾り気やわざとらしさがない人のこと。また、詩や文章にわざとらしい技巧がなく、自然で美しく、完璧なこと。

【天衣無縫の解説】

【注釈】 天女の衣服には、縫い目など技巧を加えた跡がないという伝説から。
郭翰という青年が、ある夏に庭で寝ていると、空から天女がおりてきた。
その天女が着ている衣に縫い目がないことを不思議に思い、尋ねたところ、天女は「天人の着物には針や糸を使わない」と言ったという故事に基づく。
【出典】 『霊怪録』
【注意】 「天衣無法」と書くのは誤り。
【類義】 天真爛漫
【対義】
【英語】 To be natural and flawless.(自然で完璧)
【用例】 「今回の候補作品の中では突出しているが、天衣無縫とまでは言えないな」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス