天下取っても二合半

【読み】 てんかとってもにごうはん
【意味】 天下取っても二合半とは、あまり欲張るなという戒め。

【天下取っても二合半の解説】

【注釈】 たとえ出世し天下を取った人間でも、一食に二合半ほどの米が食べるのが限度であることから。
【出典】
【注意】
【類義】 起きて三尺寝て六尺/起きて半畳寝て一畳/千石万石も米五合/千畳敷に寝ても畳一枚/立って半畳寝て一畳
【対義】
【英語】
【用例】 「そんなに買い占める必要はないだろう、天下取っても二合半だ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス