天網恢恢疎にして漏らさず

【読み】 てんもうかいかいそにしてもらさず
【意味】 天網恢恢疎にして漏らさずとは、天罰を逃れることは決してできないということのたとえ。

【天網恢恢疎にして漏らさずの解説】

【注釈】 天が悪人を捕えるために張りめぐらせた網の目は粗いが、悪いことを犯した人は一人も漏らさず取り逃さない。天道は厳正であり、悪いことをすれば必ず報いがある。
『老子』に「天網恢恢、疎ニシテ失ワズ」、『魏書』に「天網恢恢、疎ニシテ漏ラサズ」とあるのに基づく。
「天網」とは、天の張りめぐらす網のこと。
「恢恢」とは、広くて大きい様。
「疎」とは、目が粗いこと。
「天網恢恢疎にして失わず」ともいう。
【出典】 『老子』 『魏書』
【注意】 「天網恢恢」を「天網怪怪」と書くのは誤り。
【類義】 当たる罰は薦着ても当たる/神は見通し/天道様はお見通し/天に眼/天の網/天罰覿面/罰は目の前/眼は天を走る
【対義】 網呑舟の魚を漏らす/大魚は網を破る/天に目なし
【英語】 Heaven's vengeance is slow but sure.(天罰はすぐには来ないが、必ず来るものだ)
Murder will out.(悪事は必ずばれるもの)
【用例】 「あんなにも非情な罪を犯した者が、逃げ切れるはずはない。天網恢々疎にして漏らさずだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス