天は二物を与えず

【読み】 てんはにぶつをあたえず
【意味】 天は二物を与えずとは、天は一人の人間に、いくつもの長所や才能を与えてはくれないということ。

【天は二物を与えずの解説】

【注釈】 天の神様は一人の人間だけに、いくつもの美点を与えることはしないから、よいところばかり揃った完璧な人間などいない。
異なる二つの天賦の才を持つことは有り得ず、人にはそれぞれに長所も短所もあるということ。
「天、二物与えず」とも。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】 The water that came from the same spring cannot be both pure and salt.(同じ泉から出た水が同時に淡水であり、かつ塩水であるということは有り得ない)
【用例】 「天は二物を与えずというように、彼女は相当に賢い女性だが、とてつもない運動音痴だね」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス