天に唾する

【読み】 てんにつばする
【意味】 天に唾するとは、人に害を与えようとして、かえって自分がひどい目に合うことのたとえ。

【天に唾するの解説】

【注釈】 天に向かって唾を吐いても空を汚すことなど出来ず、吐いた唾が自分の顔にふりかかってくることから。
『四十二章経』に「悪人の賢者を害するは、猶し天を仰いで而も唾せんに、唾、天を汚さずして、還って己が身を汚し、風に逆らって人に塵くに、塵、彼を汚さずして、かえって身に塵するがごとし」とあるのに基づく。
「唾」は「つばき」とも読む。
「天に唾す」ともいう。
【出典】 『四十二章経』
【注意】 「無礼な行い」という意味で使うのは誤り。
誤用例 「社長に向かってそんな振る舞いをするとは、天に唾するようなやつだ」
【類義】 仰いで唾を吐く/お天道様に石/天に向かって唾を吐く/天を仰いで唾する/寝て吐く唾は身にかかる
【対義】
【英語】 Who spits against heaven spits in his own face.((天に向かって唾を吐けば自分の顔に落ちてくる)
The stone you throw will fall on your own head.(投げた石は自分の頭上に落ちる)
【用例】 「相手を陥れるようなことばかりしていると、結局は天に唾する結果になるよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス