天災は忘れた頃にやってくる

【読み】 てんさいはわすれたころにやってくる
【意味】 天災は忘れた頃にやってくるとは、天災はその恐ろしさを忘れた頃にまた起こるものであるということ。

【天災は忘れた頃にやってくるの解説】

【注釈】 天災はその恐ろしさを忘れた頃にまた起こるものであるから、用心を怠らないこと・油断は禁物であるという戒め。
物理学者で文学者の寺田寅彦のことばといわれる。
【出典】
【注意】
【類義】 災害は忘れた頃にやってくる
【対義】
【英語】
【用例】 「未曾有の災害から半年が経過したが、天災は忘れた頃にやってくるというから、まだまだ安心などできないという心境だ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス