天真爛漫

【読み】 てんしんらんまん
【意味】 天真爛漫とは、飾らず自然のままの姿があふれ出ているさま。純真な心で明るく無邪気なさま。

【天真爛漫の解説】

【注釈】 「天真」とは、純粋な性質、自然のままの姿のこと。
「爛漫」とは、自然のままに明るく光り輝くさま。
『輟耕録・狷潔』に、絵の出来栄えを「天真爛漫として、物表に超出す」と評したのに基づく。
【出典】 『輟耕録』
【注意】 「天心爛漫」や「天真爛慢」と書くのは誤り。
【類義】 天衣無縫
【対義】
【英語】
【用例】 「子供たちの天真爛漫な姿を見ていると、自然と微笑んでしまう」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

天真爛漫(てんしんらんまん)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
天真爛漫の意味・読み・漢検級・由来・類義語・対義語 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス