天知る、地知る、我知る、人知る

【読み】 てんしる、ちしる、われしる、ひとしる
【意味】 天知る地知る我知る人知るとは、悪事や不正は必ず発覚するものだというたとえ。

【天知る地知る我知る人知るの解説】

【注釈】 誰も知る者がおらず、二人だけの秘密にしようと思っても、天地の神々も知り、自分も相手も知っているのだから、不正は必ず露見するものだということ。
後漢の学者・楊震に推されて役人になった王密が、金十斤の賄賂を贈ろうとしたとき、「夜なので誰にも気づかれません」と言ったところ、楊震が「天知る、地知る、我知る、子知る。何をか知る無しと謂わんや」と答えたという故事に基づく。
「天知る、地知る、子知る、我知る」「天知る、神知る、我知る、子知る」ともいい、「子知る」は「ししる」と読む。
「子」は二人称の人代名詞。
【出典】 『後漢書』
【注意】
【類義】 神は見通し/四知/天道様はお見通し
【対義】
【英語】 The day has eyes, the night has ears.(昼に目あり夜に耳あり)
【用例】 「天知る、地知る、我知る、人知るという言葉がある。私はその件には参加しないよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス