点滴石を穿つ

【読み】 てんてきいしをうがつ
【意味】 点滴石を穿つとは、小さな努力でも、根気良く続けていれば成果が得られることのたとえ。

【点滴石を穿つの解説】

【注釈】 「点滴」は、雨垂れの意。
「穿つ」とは、穴をあける、掘るという意味。
雨垂れのような小さな水滴でも、長い間同じところに落ちつづければ、ついには堅い石をも溶かすことから。
【出典】
【注意】
【類義】 雨垂れ石を穿つ蟻の思いも天に届く石に立つ矢一念岩をも通す/斧を研いで針にする/思う念力岩をも通す/愚公移山/愚公、山を移す/金輪際の玉も拾えば尽きる/人跡繁ければ山も凹む/水滴石を穿つ/精神一到何事か成らざらん塵も積もれば山となる/釣瓶縄井桁を断つ/鉄杵を磨く/蚤の息さえ天に昇る/ローマは一日にして成らず
【対義】
【英語】 Constant dripping wears away the stone.(たえず垂れ落ちる滴は石にさえ穴をあける)
【用例】 「投げ出さないで、最後まで努力を続けなさい。点滴石を穿つというだろう」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

点滴石を穿つ(てんてきいしをうがつ)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス