天長地久

【読み】 てんちょうちきゅう
【意味】 天長地久とは、天地が永久に尽きないように、物事がいつまでも変わることなく続くことのたとえ。

【天長地久の解説】

【注釈】 『老子・七』に「天は長く、地は久し。天地の能く長く且久しき所以の者は、その自ら生きざるを以て、故に能く長生す(天地が永久に不変であるのは、自らを生かそうという意識がないからである)」とあるのに基づく。
「天は長く地は久し」「天地長久」ともいう。
1948年(昭和23年)まで、天皇誕生日を「天長節」、皇后誕生日を「地久節」と呼んだ。
【出典】 『老子』
【注意】 「天長地球」と書くのは誤り。
【類義】 天壌無窮
【対義】
【英語】
【用例】 「今年で創業十年だそうですが、今後も天長地久の繁栄を祈っております」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス