天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず

【読み】 てんはひとのうえにひとをつくらず、ひとのしたにひとをつくらず
【意味】 天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずとは、人間はすべて平等であって、身分の上下、貴賎、家柄、職業などで差別されるべきではないということ。

【天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずの解説】

【注釈】 福沢諭吉の『学問のすすめ』の冒頭にある言葉。
生来、人間はすべて平等であり、貧富・家柄・職業・社会的身分などによって差別するような偏見を、否定していう言葉。
【出典】 『学問のすすめ』
【注意】
【類義】 彼も人なり、我も人なり
【対義】
【英語】
【用例】 「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らずだ。このような差別はあってはならない」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス