鉄は熱いうちに打て

【読み】 てつはあついうちにうて
【意味】 鉄は熱いうちに打てとは、人は柔軟性のある若いうちに鍛えることが大事だという教え。また、物事は時期を逃さないうちに実行しないと成功しにくいという教え。

【鉄は熱いうちに打ての解説】

【注釈】 英語の「Strike while the iron is hot.」を訳したことわざ。
鉄は熱してやわらかいうちには、打っていろいろな形にできることからいう。
人間も、純粋な心を失わず、若く柔軟性のあるうちに心身を鍛えることが大事である。
また、物事をなすときにも、熱意が盛り上がっているうちに実行することが大事であるということ。
【出典】
【注意】 「鉄は熱いうちに叩け」とするのは誤り。
【類義】 老い木は曲がらぬ/好機逸すべからず矯めるなら若木のうち/鉄は熱いうちに鍛えよ
【対義】
【英語】 Strike while the iron is hot.(鉄は熱いうちに打て)
【用例】 「鉄は熱いうちに打てというから、先方の気が変わる前に、すぐにでも契約書にサインをもらってきてくれ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス