血で血を洗う

【読み】 ちでちをあらう
【意味】 血で血を洗うとは、殺傷に対して、殺傷で応じることのたとえ。また、肉親同士が流血の争いをすることのたとえ。

【血で血を洗うの解説】

【注釈】 血を洗うために血を用いれば、ますます汚れるということ。
もともとは、暴力に対して暴力、悪事に対して悪事で仇討ちするなど、残虐な手段で報復することにいった。
後に「血」を「血縁」という意味として、血縁者同士の争うことにもいうようになった。
『旧唐書・源休伝』に「可汗休に謂わしめて曰く、汝が国すでに突董等を殺す。吾また汝を殺さば、猶血を以て血を洗うがごとく、汗益甚だしきのみ(ウイグルの王は源休にこう伝えた、おまえの国ではすでに私のおじの突董を殺した。私がおまえを殺せば、また血をもって血を洗うかのようにますます汚れてしまう)」とあるのに基づく。
「血を以て血を洗う」「血が血を洗う」「血を血で洗う」とも。
【出典】 『唐書』
【注意】 「血を洗う争い」というのは誤り。
【類義】 兄弟牆に鬩ぐ/骨肉相食む/骨肉の争い
【対義】
【英語】 Blood will have blood.(血は血を求める)
【用例】 「あの家族は父親が死んでから、血で血を洗うようなみにくい争いばかりするようになった」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス