知恵は小出しにせよ

【読み】 ちえはこだしにせよ
【意味】 知恵は小出しにせよとは、いざというときのために、一度にすべての知恵を出さないほうがよいということ。

【知恵は小出しにせよの解説】

【注釈】 一度にありったけの知恵を出しきってしまうと、困ったときに打つ手が何もなくなってしまうから、知恵は必要に応じて少しずつ出せばいいという意味。
「知恵の小出し」とも。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】 知恵は出し使い金は儲け使い
【英語】
【用例】 「いろいろなアイデアが浮かぶのは素晴らしいことだけど、とっておきの秘策は最後に出したほうがよいだろう。知恵は小出しにせよというじゃないか」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス