鎮守の沼にも蛇は棲む

【読み】 ちんじゅのぬまにもへびはすむ
【意味】 鎮守の沼にも蛇は棲むとは、悪人はどのような場所にでもいるものだというたとえ。

【鎮守の沼にも蛇は棲むの解説】

【注釈】 「鎮守」とは、土地や施設などを守護する神のこと。
ここでの「蛇」は「邪悪なもの」をさし、神聖な場所であっても蛇のような邪悪なものが棲みついているということから。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「鎮守の沼にも蛇は棲むというが、まさかこんなところで泥棒にあうとは」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス