沈黙は金、雄弁は銀

【読み】 ちんもくはきん、ゆうべんはぎん
【意味】 沈黙は金雄弁は銀とは、何も語らず黙っていることは、すぐれた雄弁よりも大切であるということ。

【沈黙は金雄弁は銀の解説】

【注釈】 イギリスの思想家・歴史家のトーマス・カーライルの『衣装哲学』にあることばで、「Speech is silver, silence is golden.」から。
「沈黙」を、銀よりも高価な金にたとえていったもので、よどみなく話せることも大事だが、黙るべきときを知ることは、もっと大事だということ。
「雄弁は銀、沈黙は金」「沈黙は金」ともいう。
【出典】 『衣装哲学』
【注意】 「沈黙は銀、雄弁は金」というのは誤り。
このことばが言われた当時、銀は金よりも価値があったため、雄弁は沈黙にまさるという解釈もあるが誤り。
【類義】 言わぬが花/言わぬは言うにまさる/口は禍の門口は災いの元/言葉多きは品少なし/舌は禍の根
【対義】
【英語】 Speech is silver, silence is golden.(雄弁は銀、沈黙は金)
【用例】 「沈黙は金、雄弁は銀と言うから、ここは発言を控えておくのが賢明だろう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス