血は水よりも濃い

【読み】 ちはみずよりもこい
【意味】 血は水よりも濃いとは、血の繋がった血縁者の絆は、どんなに深い他人との関係よりも深く強いものであるというたとえ。また、血は争えないということ。

【血は水よりも濃いの解説】

【注釈】 血液が水よりも重く濃い液体であることから、血の繋がった身内の絆の濃さを表している。
親しい他人に比べても、血縁者同士の絆のほうが深く強いもので、頼りになるということ。
また、同じ血が流れる者同士の間には、濃い結びつきがあるということ。
【出典】
【注意】 「兄弟」は、兄と弟のことだけでなく、兄弟・姉妹の意。
【類義】 兄弟は両の手/兄弟は手足なり/血の寄るものは親子/血は争えぬ/血は血だけ
【対義】 兄弟は他人の始まり/兄弟は他人の別れ/他人は時の花/遠くの親戚より近くの他人
【英語】 Blood is thicker than water.(血は水よりも濃い)
One crow never pulls out another's eyes.(烏同士は相手の目をえぐるようなことはしない)
【用例】 「血は水よりも濃いで、普段は喧嘩ばかりしている兄弟だが、弟がいじめられていると聞きつけて、兄は真っ先に助けに走った」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス