茶腹も一時

【読み】 ちゃばらもいっとき
【意味】 茶腹も一時とは、わずかなものでも一時しのぎにはなるというたとえ。

【茶腹も一時の解説】

【注釈】 茶を飲んだだけでも、しばらくは空腹をしのげることから、間に合わせとして少しばかりのものでも代用になるということ。
【出典】
【注意】 「一時」を「ひととき」「いちじ」と読むのは誤り。
【類義】 粥腹も一時/水腹も一時/湯腹も一時、松の木柱も三年
【対義】
【英語】 Kail spares bread.(野菜汁があればパンなしでもすませられる)
A bellyful is a bellyful, whether it be meat or drink.(肉でも飲料でも満腹は満腹)
【用例】 「茶腹も一時というが、空腹時にお茶をいただいただけで、しばらく我慢できるものだな」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス