頂門の一針

【読み】 ちょうもんのいっしん
【意味】 頂門の一針とは、人の急所を突いた厳しい戒めのこと。

【頂門の一針の解説】

【注釈】 鍼術には頂門に針を刺す治療法があり、頭頂の急所に針を刺すことから、人の急所を痛烈に戒めることをいう。
「頂門」とは、頭のてっぺんのこと。
「針」とは、病気を治療するときに体に刺す針のことで、「一針」は「一鍼」とも書き、「ひとはり」とも読む。
戦国時代の思想家・荀卿に対して、宋の蘇軾が批評した言葉に対し、王遵巌が「荀子に対する急所を突いた厳しい批評である」と言ったという故事に基づく。
蘇軾『荀卿論』には「異説高論の四字を以て立安す、まことに是れ荀卿頂門の一鍼なり」とある。
【出典】 『荀卿論』
【注意】 「頭頂の一針」というのは誤り。
【類義】 頂針/頂門須く更に金槌を下すべし/頂門の金椎
【対義】
【英語】 The sting of a reproach is the truth of it.(非難されて痛いと思うのはそれが当たっている場合だ)
【用例】 「彼にとってその一言はまさに頂門の一針であったが、彼の人生観を大きく変える一言でもあっただろう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス